ユリスの心理サイト

…え、何? 内容より画像が気になる? …それはきっと、太陽フレアのせいですよ(#^^#)

自己愛性パーソナリティ障害の危険性 そんな人への接し方はどうしたらいいの?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

傲慢な人。

高飛車な人。

上から目線の人。

 

古今東西老若男女

何処に何人いても

不思議ではありません。

 

今回は

そんな人のお話を。

 

f:id:falchion9:20170704041536j:plain

 

◆自己愛性パーソナリティ障害

 

いきなり「障害」と出て

びっくりされたかもしれませんが、

実はその人

「自己愛性パーソナリティ障害」

Narcissistic personality disorder(NPD)

を患っているかも?(´・ω`・)

 

自己愛性パーソナリティ障害とは、

その文字からも想像できるように、

自分への愛情が強すぎる、

自分への愛情が未成熟な状態の

のことを言います。

 

ありのままの自分を受け入れられないため、

「自分はすごいんだ!」と

強く思い込んでしまうのです。

 

ナルシストと似ている?

そうかもしれませんね。

 

f:id:falchion9:20170704051002j:plain

 

しかし、普段の生活で

よく周囲の人と喧嘩になったり

暴力事件になったりというような

問題行動が起こらなければ

障害ではありません。

 

例えば

「何がラーメンつけ麺僕イケメンだよ!?

 全然イケメンじゃねぇだろハハハ!!」

と言われて

しょんぼり(´・ω・`)しているだけなら

大丈夫ということです。

 

逆に、

日常生活に支障が出るくらい

対人関係で問題を起こしてしまうのは

自己愛性パーソナリティ障害の

可能性が高いのです。

 

◆どうやって接したら良い?

 

彼らの特徴として

  • 「自己の誇大化」
    自分はすごい!特別な人間だ!
  • 「他者からの評価に対する過敏さ」
    「間違っている」を受け入れられない
    怒り出したり過度に傷つく
  • 「共感性の薄さ」
    相手の立場に立って考えられない
    ふさわしくない発言をする

などが挙げられます。

 

そのため周囲に

営業成績などの

優劣を競う場面があったり、

上司や目上の人から叱責されたり

間違いを指摘されたりすると

 

激昂やパニックを起こし

問題行動を引き起こしてしまう

可能性があります。

 

f:id:falchion9:20170704051033j:plain

 

ポイントは

まずその人が認めて欲しいことは

何なのかを理解し、

そこを褒めることです。

 

相手にとっての「敵」としてでなく

「味方」だと思ってもらうのです。

 

とにかく賞賛が欲しいばかりですから、

褒めて、褒めて、褒めまくります。

豚もおだてりゃ~云々ではないですが、

自分を認めてほしいのが第一なので

普段の生活の中の

様々な角度から

賞賛することを見つけて

褒めてあげましょう。

 

「自分の価値を分かってくれる!」

と思ってくれることが

鍵なのです。(^u^)

 

◆原因は?治るの?

 

自己愛性パーソナリティ障害は

人口の1%未満の割合で

存在します。

女性より男性が

多いようです。

 

原因の決め手となるものは

まだありませんが、

有力なのは

幼少期に受けた

親からの愛情だと

言われています。

 

f:id:falchion9:20170704051129p:plain

 

過保護であれ、

逆に愛情不足であれ、

自己像を作り上げられないまま

大きくなってしまった場合には、

精神のバランスが崩れて

自己愛性パーソナリティ障害で

苦しむことになる、

というのが1つの説です。

 

治療法として挙げられるのは

精神科の心理療法です。

 

この障害はおよそ20代で、

長くても30代までには

改善されます。

 

とは言え、

気分の浮き沈みが

激しい症状であり、

本人はとても辛い思いを

しているわけですから、

そんなときは

精神科の受診をお勧めします。

 

辛いなぁと思ったら

気軽に精神科の扉を

叩いてみてください。

精神科の敷居は

そんなに高くありませんよ(^o^)

 

 

最後まで読んで下さり、
ありがとうございます^^
よろしければ
B!ブックマークを
お願いいたします(*'ω'*)