ユリスの心理サイト

今までネタ画像ばかりブログに使ってしまい、申し訳ありません。今後はもうネタ画像を使うのをやめようと思いません。

アドラー心理学を使って劣等感を克服する方法 自分のダメなところを受け入れるには?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

「嫌われる勇気」で一躍日本でも"アドラー"と
いう名前が知れ渡るようになりました。

 

アドラーは

「世の中に存在するすべての悩みは人間関係の悩みである
といいました。

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

確かに、「劣等感」とは

他人と自分を比較するときに生じる感覚であるため、

これも人間関係の悩みの1種であることは言えそうです。

 

 

では、具体的に、アドラーは「劣等感」に対して、

どう言及しているのでしょうか??


また、人は「劣等感」を抱えたとき、

それにどう対処していけばいいのでしょうか??

これから、一緒に考えていきましょう。

 


1、 「劣等感」とは??

まず、劣等感の定義から考えていきましょう。

 

「劣等感」とは、自分と他人を比較して、

自分のほうが劣っていると感じる状態を指します。

 

「あの人、きれいだなあ・・それに比べて私は・・」
「あいつ、勉強も運動も何でもできてうらやましい!!」

こういった例は「劣等感」を表す典型例です。

 

このように、「劣等感」を抱えてしまった人は、

行き過ぎると次の2つの行動パターンに分かれます。

次の章で一緒に見ていきましょう!

 

 

 

f:id:falchion9:20170902103833p:plain

出典:http://bokete.jp/


2、 なぜ、人は「劣等感」を持つのか??

1章で説明したように、

「劣等感」を抱えた人の行動パターンは2つに分類されます。

 

この行動を見ていくことで、

「劣等感」を抱える理由が見えてきます。

 

まず、1つめ。

「自分を責める」

 

これは、「私はなんてダメなやつなんだ」と

批判の矢が自分の内側に向かうパターンです。

 

一方、もうひとつは、

「他人を責める」

 

これは、「お前はなんてダメなやつなんだ」と

批判の矢が自分の外側に向かうパターンです。

 

一見、この行動は

自分に自信がある人が取る行動のように思えますが、

実は全く逆なのです。


自分に自信がないからこそ、

自分が相手より優位な立場に立っていることを誇示しようとして、
こういったことを発言するのです!!

 

なので、自分の存在をありのまま受け入れられている人は、

こういった行動をしません。
これを心理学用語で"自己受容"ができていると言います。

 

 

f:id:falchion9:20170902104013j:plain

出典:らき☆すた

 

 

身の回りにいませんか??

特に、何かの技能に秀でているわけでもないし、
容姿、学歴などもそれほど飛びぬけているわけでもない。


それなのに、いつも楽しそうにしている人。

 

その人こそ、自己受容ができている

"真の自信"を持っている人です。

 

ここで、ポイントなのは、

この人が何かの目に見えるものに対して

自信を持っているわけではないということです。

 

こういう人は、

"自分は生きているだけで価値がある"

心のそこから思えている人なので、

劣等感とは縁がありません。

 

どうやら、劣等感を抱える原因が

自己受容できているかであることが分かりました。

 

また、ここに劣等感を克服する鍵もありそうです。

次の章で見ていきましょう!!

 

 

3、 「劣等感」をどう克服していけばいいのか??

 

じゃあ、「どうしたら"劣等感"から開放されるの??」

答えはシンプルです!!

"自己受容"していけばいいんです!!

 

「いやいや、そんな簡単に言われても・・・」

そんな感じでしょうか??

 

アドラーは、劣等感の問題に対して、こう答えました。

 

「自分の不完全さを認める」

 

劣等感が強い人は、攻撃的になる

もしくは自己否定が強くなる方向に行きがちですが、
劣等感を克服するには、

自分の劣等感に正面から向き合う必要があります。

 

このときに大事なのが

「今の不完全な自分を認めること」です!!

 

f:id:falchion9:20170902104738p:plain

出典:http://bokete.jp/

 

 

「こんなんじゃダメだって思っているストイックな自分も好き!!」
なんていう感じで一旦はこれでいいと思えることです。

 

そうなるヒントは

自分がコンプレックスに思っていることを

"言い換える"ことを意識することです。

 

まず、ノートに自分の悪いところをバーっと書いていきます!!

そして、その1つ1つに対して、

これを別の言葉で表せないかなと

考えて思い浮かんだら書いていきます。

最初は必ずしも明るい言葉ではないと思います。

 

でも、それをポジティブな言葉に変わるまで根気強く続けていきます。

そうすることで、あなたのいいところが見えてくるでしょう!!

 


まとめ

(1) 劣等感とは他人よりも劣っていると感じてしまう状態
(2) 劣等感を抱える人は「他人か自分」のどちらかを攻撃する
(3) 劣等感は"自分の不完全さを認めることで克服できる

 

 

 

 

 最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!
よろしければ
B!ブックマークを
お願いしますね!