ユリスの心理サイト

…え、何? 内容より画像が気になる? …それはきっと、妖怪のせいですよ(#^^#)

コールセンターを利用して営業効率を上げるコツとは? 断られてからが勝負です!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コールセンターには2種類の業務があります。

電話を架けるか、受けるかの2つです。

 

電話を架ける業務は更に2種類に分かれます。

それは個人相手か、法人相手かということです。

 

扱う商品やサービスによって、個人か法人かは分かれますが

法人の場合は、営業活動の一環として

コールセンターを利用することがあります。

 

・見込み客つくり(資料やメールの送付)

・アポイントの取得

 

このような目的の場合は、電話が有効な手段です。

 

 

 

f:id:falchion9:20170928091149j:plain

出典:

https://mera.red/%E3%82%AD%E3%82%BF%E3%81%AE%E9%BB%92%E9%9B%BB%E8%A9%B1

 

 

自社で対応するのではなく、

コールセンターに依頼する理由は

「その道のプロ」に効率的なテレアポを行ってほしいからです。

 

では更に営業効率を上げるためのコツはどんなものがあるか、

コールセンター勤務経験者の筆者がご紹介します。

 

 

1・リストの精査

 

コールセンターでアウトバウンドの業務を行う際は、

必ずリストが必要になります。

 

眠っていた顧客名簿等を使用するのか、

それとも何らかのデータを使用して新規開拓を行うのか、

目的によって使用するリストを精査する必要があります。

 

料金形態にもよりますが、

リストの件数が多ければ当然料金は上がります。

そのリストの中に、使われていない番号や、

別の場所に繋がってしまう番号があれば、

それは非常に無駄なお金です。

 

 

f:id:falchion9:20170928090642j:plain

出典:http://bokete.jp/

 

 

リストの精査自体を目的とした案件もありますが、

これは膨大な量をこなすことになります。

 

効率の良い営業活動にしたいのであれば

・アプローチしてほしい相手を明確にする。

・できる限り信憑性の高いリストを使用する。

・現在の顧客がリストに記載されていないか確認をする。

 

以上のような手順を行う必要があります。

 

 

2・BtoBかBtoC かを確認

 

コールセンターのアウトバウンド業務は

個人向けか法人向けかに分かれます。

 

1つのコールセンターで双方に対応していることもありますが

通常はどちらかに特化した活動を行っています。

 

 

f:id:falchion9:20170929072402j:plain

出典:https://ameblo.jp/sukattostaff/entry-11126498271.html

 

 

コールセンターというだけで、仕事を依頼するのは早計です。

 

・自分のターゲットと合っているか

・規模や料金形態はどうか

・実績はあるか

この3点を確認した上で、依頼をするべきです。

 

個人に特化したコールセンターには個人用のノウハウが、

法人に特化したコールセンターには法人向けのノウハウが

それぞれ蓄積されています。

 

絶対数としては、法人向けのコールセンターの方が少ないですが

ビジネスとして行っている以上、成果についてはプロフェッショナルです。

 

依頼する案件に相応しいコールセンターかを確認して

見積り依頼等を行うべきです。

 

 

3・落としどころを決める

 

「アポイントを取る」というような最終的な目標は決めやすいです。

 

ただし、併せて考えておきたいのは

「断られた時の落としどころ」です。

 

例えばアポイントを取るにしても

電話の中で日時までを決定させるタイプの案件と、

とりあえずの目安の日程を抑えて、

後日担当から調整の連絡を入れるタイプの案件があります。

 

どちらも「訪問は結構です」と断られた時に

どういう対応をするのかというのが「落としどころ」です。

 

・担当者情報を聞き出して、資料を送付する。

・今後定期的にメルマガ等を送る許可をもらう。

・製品やサービスの利用状況をヒアリングする。

 

最終的にはアポイントの獲得でも、

成果として難しかった場合に、「ダメだった」ではもったいないです。

 

転んでもただでは起きない策を考えておく必要があります。

 

 

f:id:falchion9:20170928091654j:plain

出典:http://bokete.jp/

 

まとめ

 

営業活動の一環として利用されるコールセンターですが、

レベルや得意分野、料金体系等は実に様々です。

 

自社のコールセンターではない以上、

ある程度の情報は提供しなくてはいけないので、

信用問題にも繋がります。

 

3つのポイントを押さえた上で、

個人情報の保護等にもきちんと取り組んでいる

コールセンターを利用することをおススメします。

 

 

最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!
よろしければ
B!ブックマークを
お願いしますね!